無責任且つ一方的なLINEは気持ちが良い

NO IMAGE

大学時代に付き合っていて、別れてからもう10年余りが経とうとしていた元々カノから突然LINEが来たのがおよそ2年前。

なんか接頭辞に理由が付いていたけどそういったことは最早どうでもよく、完全に意識の外にいた人から連絡が来ると、まるで銀髪の蜘蛛よろしく急に当時の記憶が蘇るようで……とはいっても思い出せるのは別れる瞬間であったり社会人になってから数度会った際に感じた「なんか性格きつくなったね」って思いぐらいしかなく、声はおろか顔も思い出せなくなっていました。

正直なところ数年越しに連絡を寄越してきた理由は不明なままですが、今付き合っている彼女に多少思うところもあり、朧気な記憶から元々カノと今カノを比較して、一方的に振っといてなんだけど別に悪い人ではなく、先方に多少なりともその気があるなら一度会ってみるのも悪くないかな、と思い暫くLINEで連絡を取り続けていました。

が、そういった思いの最中にコロナが一世を風靡してしまい、会おうと発言すること自体が憚られる世の中になってきました。そんな中、あらためて先方が連絡してきた理由を考えたりもしていたのですが、結局何を思い連絡してきたのかがわからないままでした。

こういった、考えても答えが出ないことを考え続けるのは時間と精神の浪費でしかないというのは私の考えですが、それはそれとして、昔とはいえ付き合っていた人と連絡を取るのは今カノに不義理なことであると感じた私は半年前にやり取りが止まっていた元々カノのLINEに対して「お久しぶりです。コロナ大変ですが体に気をつけて頑張ってね」といった旨の連絡を一方的に送り、連絡先から削除しました。

……という、一部脚色しているノンフィクションドキュメンタリー実話なのですが、やっぱり疑問なのはなぜ10年近くも会ってない人に連絡を取ろうと思ったというところです。

相手の気持ちや思いはわかりませんが、私としては先述の通り声も顔も、なんだったらそれ以外のエピソードも大半が風化していて、明確に記憶に残っているのは名前しかなく、なんだかなぁ……といった思いがありました。

まぁ、もう連絡が来ることも無いでしょう。