WordPressの文章構成をビジネスライクにしてみる

WordPressの文章構成をビジネスライクにしてみる

実際はここに改版履歴とか載せたほうが良いと思いますが、書いているうちにダレてしまったのでそこまではしません。

はじめに

「Wordpressの文章構成をビジネスライクにしてみる」(以下、本投稿と記載)は、Wordpressの文章構成をビジネスライクにするのに必要となる手順を記載したものです。

実際のビジネス文書は職場・業界によりけりだと思われますが、筆者のいる環境では概ねこんな感じの書き方や構成だったりしますので、ご参考までに。

前提条件

本投稿に記載の内容を実施するにあたり、事前に以下の項目が準備されていることを前提とします。

文章構成について

本章では、ビジネスライクな文章を作る際に意識しておいた方が良い項目を記載いたします。

章・節・項を意識する

記載する内容にあわせて適切に階層構造を組むことで可読性が上がります。

よく見る流れでは、「はじめに」や「目的」など、文章そのものに関する説明を記載する序章があって、その後に「注意事項」や「前提条件」など利用者に最初に伝えておきたい事項があって、その後に具体的な手順などが続くことが多いです。

インデント(字下げ)を活用する

上述の階層構造にあわせてインデントを入れることで、更に可読性が高まるとともに、まるでお仕事で作成しているビジネス文書を書いているような気分にも浸れます。

ただ、インデントを入れるということは1行あたりのテキスト量がその分減るということですので、事前にメインカラムの横幅を十分に確保しておかないと逆に見辛い文章になる点は注意が必要です。

簡潔でわかりやすい文を意識する

一般的なブログにおいては読者の興味を引くような書き方が尊ばれるかと思いますが、ビジネス文書においては伝えたいことを簡潔に過不足なく読者に伝えることに価値があると考えています。

これはあくまでビジネス「ライク」なだけでありやってることはブログのネタの一つでしかないので、仰々しい書き方やガチ業務みたいなニュアンスは出しませんが、雰囲気を近づけるのであれば必要なことのみを記載してみるとブログの作成時間も減るし読者もすぐ読めるしで時間的にエコかと思われます。

デザインの変更

本章では、見た目をビジネスライクにする際に必要となる各種修正内容および方法を記載いたします。

見出しに採番機能を付与する

LION BLOG バージョン2.0.0のデフォルト見出しはブログとして考えた場合は至極真っ当なデザインではありますが、ビジネス的には階層に沿って番号が振られて然るべきですので、下記手順に沿って修正いたします。

1. WordPressの管理画面(ダッシュボード)より、「外観」>「カスタマイズ」を選択する
2. 「追加CSS」の項目に下記コードを入力し、「公開」ボタンを押下する

図4.1. h2〜h4の見出しにそれぞれ自動採番機能を追加するCSS

見出しのデザインを変更する

ビジネスライクな見出しにおいては装飾そのものが不要ですので、下記手順に沿って簡素なものに修正いたします。

1. WordPressの管理画面より、「外観」>「カスタマイズ」を選択する
2. 「投稿スキン設定[LION用]」を選択する
3. 見出し2・3のスタイルを「00.オリジナル見出しを作成」に変更し「公開」ボタンを押下する

メインカラムの横幅変更

先述の通り、インデントを利用することでテキスト領域を普段以上に使用することとなるため、下記手順に沿って【ページを1カラムとしたうえで】メインカラムの横幅を広げます。
※サイドバーの項目は事前にヘッダーやフッターなどに移行させる必要があります

1. WordPressの管理画面より、「外観」>「カスタマイズ」を選択する
2. 「基本設定[LION用]」を選択する
3. 任意のページに対して「レイアウト設定」を「1カラム」に、1カラム時のメインカラムの横幅を「100%」に変更し「公開」ボタンを押下する